福祉機器・リフト@情報館
福祉機器・リフト@情報館
                                 こちらもおすすめ!階段昇降機お役立ち情報ブログ

コラム

うららかな春の日に思うこと

 久しぶりの投稿です。皆さんに謝らないといけません。

ここのところかなり長い期間、記事を更新していませんでした。毎日

チェックしてくれていた方にはお詫びの言葉も有りません。

 ここのところ色々な事があって(公私共に)、このブログの記事を更新

する事も出来ないでいました。

 しかし、いつまでもこうしていても何も変わらない事に気が付きました。

毎日とはいかないかも知れませんが、可能な限り更新して行きたいと思います。



 今回お伝えしたいのは、ある商品を提供しようとする時に何を最優先

して提供するべきか?と言うことです。

 これには色々な意見があることと思いますが、現時点での私の考えを

お伝えしたいと思います。


 私の考えはズバリ「ユーザーにとって最も利益がある事。」です。

ユーザーの利益というと、かなり漠然としていますのでもう少し言い方

を変えるとこうなります。

「使う方がその商品を手に入れる事によって、日々の生活や或いは何か

特別な行為において、楽になったり負担(肉体的・精神的)を軽減した

りする事が出来る事。」となります。

 これは私が提供している商品にあてはまる内容のため、若干他の商品

に対して使った場合違和感があるかもしれません。しかし、ほぼ全ての

商品がこの原則に則って提供されているはずです。また、使う方という

のはご本人以外にも家族の方やサービスの提供者など、多くの方が関係

してきますので本人以外の方にとっても先ほどの原則があてはまる必要

があると思います。



 最近特にこのことを考えさせられます。自分は一体何をお客様に提供

する事が出来るのだろう?品質の良い製品を作れば勝手に売れて行った

時代はとっくの昔に終わってしまいました。単純に付加価値を付ければ

その価値をお客さんが認めて高いお金を出して買ってくれた時代もかな

り前に終焉しています。

 今は物の価値をどのようにお客様に伝えていくか、そしてその製品の

コンセプトというか存在意義を明確にして行く事が強く求められている

気がします。


 実際にユーザーの方にこんな事を言っても、「良くて安ければそれで

良いんだ。」としか答えてくれないと思いますが、実際はそんなに単純

では有りません。私が発する言葉の一つ一つについても、大変細かく吟

味されています。誤魔化しは一切効きません。それぐらい商品一つ一つ

に対するこちらの取り組む姿勢が、問われている世の中になっていると

私は考えています。



 特に私が提供しているのは人を乗せて動くものです。その一つ一つに

明確な価値観と理念と思いが込められるべき製品であるべきだと痛感し

ている今日この頃です。

 それではまた次回お会いしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。