福祉機器・リフト@情報館
福祉機器・リフト@情報館
                                 こちらもおすすめ!階段昇降機お役立ち情報ブログ

バリアフリー

心のバリアフリー

 目からウロコという言葉が有ります。


 ご存知方も多いと思いますが、全世界で最も読まれている

と思われる本。「バイブル」に出てくる話しが元になって

います。


 簡単に言うと、本当に間違った思い込みで見えてるはずの

ものや真実を見えなくさせている状態から、本来の見えてい

る状態になる事です。


 「バイブル」の中では、サウロという人がこのような状態

から目が見えるようになるのですがその時に目からウロコの

ようなものが落ちると言う話です。



 何故こんな話しをしたかというと、自分にも起こったから?


 勿論実際に目が見えなくなったわけではありませんが、目が

少し良く見えるようになったかな?という気持ちです。



 
 実は今日段差解消リフトをあるお宅に取り付けました。

縁側に沿って作られたウッドデッキからこのリフトに乗って

庭に下りるのですが、そこから駐車場までスロープが出来て

いました。

 私は一目見て、かなり傾斜がきついので家族が介助して

行くのだろうなと勝手に思い込んでいました。


 機器の取り付けが終わって、娘さんが車椅子で降りてみる

というので使い方を説明しながら見ていました。


 お母さんが、

「これくらいの傾斜なら一人で降りられるよね。」

 と一言!


 ええー?これは厳しいだろう。


 内心こんな風に思っていました。


 ところがそれからその娘さんは何でもないようにスロープ

を降りて行き、そして何事も無かったようにスロープを上が

ってきました。


 ス、スゴイ・・・。


 人間はきちんと訓練して、学ぶだけでこれだけの事が出来

るようになるのだ!と思った瞬間でした。


 人間に対して或いはハンデを持っている人に対して、私の

目は見えなくなっていたのでした。


 恥ずかしい。


 でも見えるようになって、良かった!


 それではまた。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。