福祉機器・リフト@情報館
福祉機器・リフト@情報館
                                 こちらもおすすめ!階段昇降機お役立ち情報ブログ

段差解消機

段差解消機を有効に利用する事の難しさ その2

 段差解消機を日々提供しています!!

 前回は現在の介護保険とこれからどうなっていくのか?ということ
についてお伝えして、その中で段差解消機などの機器レンタルはどう
影響を受けていくのかという事について今回お伝えしていくと言うと
ころまででした。


 では実際に今どのようになって行きつつあるのでしょうか?

 実は昨年からかなり多くなっているのが、スロープで済ませる・・・。
もういちど言います。スロープで済ませる。

 これが何を意味しているかは、業界に関わっている方は大体判ると
思います。しかし、有る一部分を見て或いは経験して言っていること
ですので、日本全体の全てに当て嵌まるかどうかは疑問ですが・・・。

 一つにはなるべく手間や時間を取られることはしなくなったと言う事
です。機器を設置するには事前に打ち合わせが必要な上に、建物や導線
周りの整備など時間と手間と更に費用が掛かってきます。


 しかし、スロープならとりあえずサービスを受ける際に行き来出来れ
ばいいのですから、使えればそれでいい訳です。とにかく使ってみて、
どうしてもスロープでは難しいようならその時にまた段差解消機の導入
については考えましょう。


 私が現地に調査に伺ったケースでこのような結論の後に、やはり機器
を導入しよう・・・となった案件は今のところ1件もありません。

 もしかすると私の説明やPRがうまく行ってなかったのかもしれませんが、
昨年の4月から今年の3月までで10件近く有りましたが全てがスロープ
のままのようです。

 先ほどの理由以外に実はもう一つ重要な理由があるようです。
これについては次回お伝えしたいと思います。それではまた。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。