福祉機器・リフト@情報館
福祉機器・リフト@情報館
                                 こちらもおすすめ!階段昇降機お役立ち情報ブログ

段差解消機の選定基準

段差解消機の選定基準 その2

 福祉機器リフト屋さんのしゅうです!!

 段差解消機の選定基準で、階段昇降機と違って見落してはいけ

ないポイントの話をしました。

 実際に使う場合の寸法ですが、


最低奥行き方向1200mm×間口方向900mmが必要です。

これが2名乗る場合の必要寸法です。

 段差解消機については、各社によって規格がほぼ統一されてい

ますので後はどのような場所にどのように設置する事が出来るの

かの確認が必要になります。

 段差解消機については、住宅改修工事と関連する事が多くなり


機器設置だけでは難しいケースが多いのが現状です。

 信頼できる住宅改修事業者・工務店に協力をしてもらう事にな

ります。

 また、介護保険にてレンタル対象になっているため福祉用具貸

与事業者
からレンタルするケースも有ります。

 次回、住宅改修及び福祉用具貸与事業者についてお話したいと

思います。それでは。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35206858
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。