福祉機器・リフト@情報館
福祉機器・リフト@情報館
                                 こちらもおすすめ!階段昇降機お役立ち情報ブログ

福祉機器

福祉機器にまつわる不思議なお話

 福祉機器リフト屋さんのしゅうです!!

 今日は福祉機器にまつわる、不思議なお話の第一話です。

貴方は「情けは人のためならず」だったかな?

こんな言葉をご存知かと思います。

 人に情けをかけて何かをしてあげる事は、その人のためだと思うのは一元的なものの見方。その行為は巡り巡って自分に還ってくることになる。といったような意味だったと思います。

 そうまさしく福祉機器は人のためならず!!なんですね。 

 昨年私はある会社社長のご自宅に、階段昇降機を設置させてもらいました。なんでもお母さんが高齢で、玄関の入り口が2階にあるので上がるのが大変だから設置なさるとの事でした。

 たまに遊びに来られるお母さんのために、ご夫婦で意見が一致して設置する事になったそうです。

 ところがそれから暫くして、その方のところに様子を見に伺うと、何と奥さんが足を石膏で固めて松葉杖をついています。

 何日か前に転んでしまい、痛みが治まらないのでないので病院に行くと骨が折れていたそうです。

 この器械が無かったら、とてもじゃないけどこんな長い階段昇れなかったわ。本当に助かったと感謝されました。

 これは全く違うんですね!!

 もう一度言います。これは全く的外れ!!

 誰もこの奥さんを助けていません。
助けたのはお母さんを思いやる、この方自身が助けたんです!

 不思議です。階段昇降機を設置される方。
それも喜んで、思いやりを持って誰かのために取り付けるとこんなことが起きたりします。ちょっと不思議です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。