福祉機器・リフト@情報館
福祉機器・リフト@情報館
                                 こちらもおすすめ!階段昇降機お役立ち情報ブログ

住宅リフォーム

福祉機器と住宅改修 その3

 福祉機器リフト屋さんのしゅうです。

 階段昇降機段差解消機とも密接に関係する住宅改修
についてお伝えしています。

 私が或る住宅改修も手がける福祉関連の方から伺った
話は、実は私にも関係している事でした。

 知らず知らずにの内に私自身もしていたかも知れない
事です。

 いわゆる専門家と呼ばれたりプロと呼ばれる人の中にも
やってはいけない工事をしている人がいる。

 一般常識で、或いは様々な福祉介護関連のテキストなど
で述べられている事をそのまま信じて工事をする人がいる。

 前回、前々回の通り、現場はどれ一つとして同じ事は有
り得ない。つまりテキストは目安であって、そのまま使う
事はある意味タブーです。

 この方が言うには、
「手摺一本と言うけれど、手摺ほど難しいものは無い。」
 それ程奥が深いと言うことだと思います。
 何故?

 だって考えてもみてください。
 身長・体重・腕の長さ・手の大きさ・握力・足腰の強さ・
麻痺の状態・利き手の違いなどこれだけでも条件のほんの
一部です。これに家族構成や住環境など多くの要因が絡み
合って来るのです。

 今までの経験と一般的な考え方をベースにしつつ、想像
力・イメージ力を駆使してそれを実際に使ってもらい検証
して初めて使えるかどうか確認出来る。

 こんなことを伺いました。

 わたしも階段昇降機段差解消機で、少なからず自分の
経験の中でのみ考える傾向があります。
 そんな時は良く設計や製造や工事の担当者と話したり、
意見を聞いたりするのですが今回イメージする事の重要性
を再認識しました。
 
 ただ使えるのではなくて、使い易くて本当に役に立つのか?

 福祉機器ほどそれが切実なものはないと思いつつ、自分
の役割を再認識する機会となりました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
おれはエステティシャン
女の体をいじりまくってお給料もらえたwww まじ最高www
ブログ名さわだ07


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。