福祉機器・リフト@情報館
福祉機器・リフト@情報館
                                 こちらもおすすめ!階段昇降機お役立ち情報ブログ

介護保険

介護保険に未来はあるのか? その3

 福祉機器リフト屋さんのしゅうです。

 介護保険とそれに関連する福祉介護事業と関連事業者
について考えてみる3回目です。

 以前にも私見をお伝えしたのですが、今回の一連の問題
でやはり同じ結論に行き当たりました。

 もっともっと地域に根ざしたサービスの充実と拡充こそが
これからを見据える時、必要だと感じています。

 組織だけを以下に大きくしても限界が有る事が今回の
問題ではっきりしたのですから、取るべき方策はある程度
見えて来ているのではないでしょうか?

 大きな組織を維持するための経費、つまり建物や設備や
人間を管理するいわゆる管理費は組織を大きくすればする
程大きくなります。

 この際発想の転換をして、今ある会社や組織を有機的に
結合して小さな所帯の管理会社が別会社や別の組織に業務
を委託する方式が取れないものでしょうか?

 福祉介護事業のネットワーク化です。
お役所の一方的な方針や指針などに振り回されず、民間で
ネットワークを作って自分たちの未来を自分たちで守って
行く事を考えた方がいい時期に来ているのかも知れません。

 少なくとも今のままでは全く先が見えないのが現状なの
ですから。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45413248
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。