福祉機器・リフト@情報館
福祉機器・リフト@情報館
                                 こちらもおすすめ!階段昇降機お役立ち情報ブログ

エレベーター

人の命を預かるもの

 福祉機器・リフト屋さんのしゅうです!

 緊急テーマです。

 先ほどテレビ東京の「ガイアの夜明け」を見たところです。

 昨年来問題となっているエレベーター事故がテーマでした。

 そうです。わたしにとっても他人事ではありません。
わたしの扱っている階段昇降機段差解消機は、エレベーター
のような閉じ込めやロープの破断などはありません。
 しかし、れっきとした昇降機です。

 階段昇降機などは遊戯施設のジェットコースターと同じ
扱いを受けていたりします。

 そう厳密に言うと同じなのです。
 そこで提案です・・・・。
 もしあなたが階段昇降機段差解消機を設置されるなら、
或いはあなたの知人や近所の方や親戚の方がこのような機器
を検討されているなら教えてあげてください。

 製造メーカーか製造メーカーできちんと研修を受けた専門
の工事業者に設置してもらう事。そして、少なくとも保障期
間が切れる前に、メンテナンス契約を結ぶ事。

 階段昇降機段差解消機は簡単には故障しません。ただ、
考えてみてください。人を乗せて動く機械は故障してから
対応していては遅いのです。メンテナンスする意味は、故障
やストップを未然に防ぐ事にあります。

 その意味ではわたしが以前お伝えした裏技は、問題があり
ます。故障してからメンテナンスに入る?本来意味が無いの
です。ただ数万円という貴重なお金を、故障しそうにもない
もののために払うのが納得がいかない方に不本意ながらおす
すめしたのです。

 長い目で見れば製造メーカーのメンテナンスが絶対に安心
だとわたしは考えています。
 そしてメーカーもコストを削減して、一人でも多くの方に
メンテナンス契約を結んでもらうよう努力すべきです。

 階段昇降機段差解消機もエレベーターと同じなのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49116892
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。