福祉機器・リフト@情報館
福祉機器・リフト@情報館
                                 こちらもおすすめ!階段昇降機お役立ち情報ブログ

段差解消機

段差解消リフトの必要性とは?

 階段昇降機段差解消機のアドヴァイザーしゅうです!

 実は昨日ある学校の施設に段差解消機を設置しました。

 建設会社さんを窓口に設置したのですが、その現場の

担当の方がこんな事を言っていました。

 「この機械を設置しても、たぶん使う事は無いんだよね。」


 段差解消機を設置し終わってからこの一言を聞いた私は、

複雑な気持ちになりました。

 その理由はこんな事です。

 実際に学校内部のある施設向けに設置したのですが、

現時点で車椅子を使うような子供はいない状況です。


 そして、その施設の状況からすると、体の不自由な

子供を受け入れる事は事実上不可能に近い。だからこの

段差解消機を使う可能性はほぼゼロに等しい。


 こんな展開なのですが、果たして本当にそうでしょうか?

あなたはどう考えますか?


 実はこれは今までの学校の対応を考えれば、ごくごく

自然な流れなのです。

 今までは「来年その学校に車椅子を使う児童が入学する。」

事が分かってから、さあどうしよう?こんな対応が殆どでした。


 どっかから予算をかき集めて、急遽対応してほっと胸を

なでおろす。学校はこんな事の繰り返しをしていたのが実態

です。


 今回私が感じた事は、行政も学校側もやっと住民の或いは

学校に通う子供や親たちの立場に立って物が考えられるよう

になったのだな。こんな思いです。


 これだって例えば自分の子供がケガや病気で車椅子を使う

ようになったら、当たり前のように学校の施設を整備して

くれるように頼むはずです。


 そう、立場を変えてみればすぐに分かる事です。


 今回の段差解消機は、必ず使う事になります。

間違いありません。それではまた。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

学校施設学校施設(がっこうしせつ)は学校を運営する上で必要となる設備である。学校施設としては、校舎、体育館、運動場が挙げられる。(学校設置基準…stub).wikilis{font-size:10px..
ブログ名施設ガイド


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。