福祉機器・リフト@情報館
福祉機器・リフト@情報館
                                 こちらもおすすめ!階段昇降機お役立ち情報ブログ

段差解消機

段差解消機を有効に利用する事の難しさ その4

 段差解消機を設置することの難しさを日々感じています。

 前回までは段差解消機を取り巻く現状と、その利用についての
問題点などをお伝えしてきました。

 今回からは技術的な側面に絞ってお伝えしたいと思っています。


 そもそも段差解消機って、何のためにあるのでしょうか?

 根本的な問いですが、これに対して明確に答えられる人は少ない
と思います。それでは質問を変えましょう。段差解消機を使う人は
誰でしょうか?

 実は以前にも同じような問をこのブログで発して、ブログの中で
答えています。

 しかし、当時の答えと今回わたしが書く内容は微妙に変化してい
るかも知れません。何故ならその時と今とでは、環境や条件や考え
方が変化しているからです。その辺はご理解頂きたいと思います。

 段差解消機を使う人は大きく分けて2種類です。

 一つは介護保険のレンタルか或いは段差解消期を個人で購入して
使用する、ある特定の個人です。
そしてもう一つは、公共の或いは多くの人が使用する建物などを
利用する不特定多数の人です。

 大きな分類ではこの2種類になります。

 先ず最初の特定の個人について見て行きましょう。

 65歳以上の方は介護保険を使って、要介護度によって必要と
認められた場合段差解消機をレンタルすることが出来ます。

 その場合段差解消機はあくまでレンタルですので、直ぐに取り
外して移動できるものでなくてはなりません。また、必要と認め
られるには医師の診断書などが必要な場合があります。

 常時車椅子での生活を余儀なくされている方であれば、レンタル
することは可能だと思います。しかし、機器のレンタル以外にも
様々なサービスや介護を必要とするケースが多いので、介護保険の
全体の枠内でどのようにバランスを取って行くかが課題となります。

 また、段差解消機をただ持ってきて置くだけなら誰でも出来ます
が、限られたスペースの中で利用者の最も使いやすい環境を整備す
るため・・・という事に集中して将来も見据えた最善のプランを提
供するとなると結構悩むケースが多いのも事実です。

 更に設置スペースを確保するためには改修工事等が必要なケース
も多々あるため、通常介護保険外となるこのような工事は極力減ら
す工夫をしながら妥協点を見つけて行く事になります。

 ここまでは介護保険を利用した場合のレンタルで利用する個人に
ついて見て来ました。次回は個人で購入する方のケースをお伝えし
て行きたいと思います。それではまた。

段差解消機

段差解消機を有効に利用する事の難しさ その3

 段差解消機の設置方法で頭を悩ませているこの頃です!


 さて前回までは介護保険下の機器レンタルの現状と今後の見通し
などについてお伝えしてきました。

 実際のところ理由は分かりませんが、このような事が起こっている
のは事実です。更にここからが重要なのですが、介護保険のレンタル
に関わる人の資質の問題です。同じ人間ですから能力にはそれ程差は
無いと思います。行政の担当者もケアマネージャーも幅広い知識と
経験が求められるのも事実です。

 あまりに広汎な分野に渡るために、一人一人の身体状況や生活環境
や家族構成にまで細かく配慮できない事も当然出てきます。
 更には提出書類が多くなり、事務処理に多大な時間と労力を費やさ
ざるを得ない事考えると仕組み自体を見直す必要もあると思われます。

 機器のレンタルは全体に占める割合が大きく、それを使用するか
しないかの判断によって介護プランの全体を左右するものとなるため
慎重になる事も分かります。ベッドのように絶対に使わなくてはなら
ないものではないからなおさらです。

 ではなるべく使わないほうが良いのか?というとそうではありません。

 少なくともこれからの事を考えると、マンパワー依存の介護から利用
者やサービス提供者や家族の介護負担を軽減するバランスの取れた介護
を考える時に必要不可欠だとわたしは思います。

 段差解消機を設置したために、なかなか外出出来なかった方が積極的
に外に出られるようになりみるみる元気になったケースも何件も見てい
ます。介護というとどうしても大変で暗いイメージが付きまといますが、
大変な中で前向きに生きて行こうとする方のサポートが機器を使うこと
によって出来ればこれ程素晴らしい事はありません。

 先ずはそれぞれの現場で、各部署の関係者がユーザーの最大利益を考
えてサービスやモノを提供する。介護保険もそんな目線で取り組んで行
けば、次の展開が見えてくるのではないかと思います。

段差解消機

段差解消機を有効に利用する事の難しさ その2

 段差解消機を日々提供しています!!

 前回は現在の介護保険とこれからどうなっていくのか?ということ
についてお伝えして、その中で段差解消機などの機器レンタルはどう
影響を受けていくのかという事について今回お伝えしていくと言うと
ころまででした。


 では実際に今どのようになって行きつつあるのでしょうか?

 実は昨年からかなり多くなっているのが、スロープで済ませる・・・。
もういちど言います。スロープで済ませる。

 これが何を意味しているかは、業界に関わっている方は大体判ると
思います。しかし、有る一部分を見て或いは経験して言っていること
ですので、日本全体の全てに当て嵌まるかどうかは疑問ですが・・・。

 一つにはなるべく手間や時間を取られることはしなくなったと言う事
です。機器を設置するには事前に打ち合わせが必要な上に、建物や導線
周りの整備など時間と手間と更に費用が掛かってきます。


 しかし、スロープならとりあえずサービスを受ける際に行き来出来れ
ばいいのですから、使えればそれでいい訳です。とにかく使ってみて、
どうしてもスロープでは難しいようならその時にまた段差解消機の導入
については考えましょう。


 私が現地に調査に伺ったケースでこのような結論の後に、やはり機器
を導入しよう・・・となった案件は今のところ1件もありません。

 もしかすると私の説明やPRがうまく行ってなかったのかもしれませんが、
昨年の4月から今年の3月までで10件近く有りましたが全てがスロープ
のままのようです。

 先ほどの理由以外に実はもう一つ重要な理由があるようです。
これについては次回お伝えしたいと思います。それではまた。

段差解消機

段差解消機を有効に利用する事の難しさ その1

 段差解消機を必要な方に有効に利用してもらおうと
日々活動しています。

 今回から数回に渡って、段差解消機の有効な活用法
についてお伝えして行きたいと考えています。

 では何故ここに来てこんな事を今更書く事になったのか?

 その前に少し大きな流れの話しをさせて下さい。

 2000年に介護保険が導入されて、12年目に突入
しました。その間制度そのほかに関して多くの見直しや
改善が行なわれています。

 私が関わる福祉機器のレンタルについても、約十年掛か
って様々な点で今の状態に落ち着いた訳です。

 この4月の見直しでは、機器関連は大きな変更等はあり
ませんでした。しかし、世の中は大きく変動しようとして
います。2035年にはほぼ3人に1人が65歳以上にな
という事が確実です。超高齢化社会の到来は、今の仕組み
が維持できなくなるという事を表しています。

 では今後どのようにして行けば、高齢者やその家族が
安心して生活できる社会が形成されるのか?

 形成される・・・という言い方をしてしまいましたが、
この考え方では間違いなくよい結果にはならないでしょう。
良い結果というのは、我々一般市民に取ってという意味です。

 例えば資産が何十億もあるお金持ちにとっては、別に介護
だろうが老後だろうが関係ない話です。

 しかし、全体の8割以上の人にとってはかなり切実な問題
となってきます。

 現在介護保険では、実際のレンタル料金の1割を利用者が
負担して残りの9割を行政からの補助金で賄っています。厳密
に言えば、わたしたちが支払っている健康保険の内の何割かと
税金からそれらは支出されています。

 今後人口の減少と実際に働いている人の割合の減少から、
これらの原資は目減りしていく事は誰でも分かる事です。
そうなると、介護保険の今の状態が今後も維持されるとは
考えにくいですし現実意問題として難しいでしょう。

 そうなると今普通に利用できているものが、簡単に利用
出来なくなる時期がやってくるでしょう。同時に私たちも
更なるコストダウンを行なって、低料金で今以上のサービス
やモノの提供を迫られる事になります。

 それ前に高額な用具や機器のレンタルについては、行政
からのチェックが厳しいものになると考えられます。その
人に本当にそのモノが或いはそのサービスが必要なのかど
うか?

 行政の現場担当者は今以上に専門的な知識と経験を求め
られ、必要な助言を行なう専門家も登用されると思われます。
彼らはそれぞれの行政に密着した形で地元の方が登用され
と思われますが、その場合には幅広く公正な見識を持った
方々で組織した委員会などによるチェックが必要でしょう。


 私たちが提供している段差解消機も、例外では有りません。
次回はその段差解消機の現状についてお伝えして行きましょう!

段差解消機

半年に一度お会いします・・・。

 段差解消機を日々PRしているしゅうです!

 半年に一度お会いします。

 不定期ですが、年に何人もの方に半年に一度会っています。

覚えてくれている方が最近多くなりました。それだけ皆さん利用されている期間が長いという事なのですが、それだけでは無いようです。

 一体何の事を言っているのか分かっていただけますか?

 勿体ぶってしまって申し訳有りません。

 実はこれ段差解消機の半年に一度のメンテナンスの事なんです。

 私の営業エリアは北関東と埼玉県がメインなので、工事や点検の担当者の代わりに、私が訪問して点検を行う事が有ります。

 お宅によっては2回3回と連続して私が点検に伺う事が有り、最近では顔を覚えてくれるようになりました。

 不具合等は殆んど有りませんが、先ず最初に使いづらかったり気になっているところは有りませんか?と質問をさせて貰います。

 それを訊いてから点検に取りかかります。点検用のチェックリスト以外に重点的に見る部分をお客様から教えてもらう事になります。

 例えば「少し前から音がするようになった。」と言う事であれば、可動部分の油切れかネジの緩み或いはチェーンの張り具合などを確認して行く事になります。

 メンテナンスも修理も情報の収集がとても大切です。それによって事前の準備が出来るからです。考えられる不具合箇所の予測やその対処法の検討、更には処置する時に必要になる材料の事前手配も可能になります。

 まあ何よりも不具合や故障が無い事が一番です。その為にはそれ以前の毎回のメンテナンスが大切です。

 半年に一度伺うのは良いですが、故障で緊急出動する事が無いように
私なりに取り組んでいます。

 メンテナンスが終わってお客様と一緒に飲むお茶はとても美味しいですよ。それではまた。

段差解消機

オーダーメイドです その2

 段差解消機やその他のリフトを販売しているしゅうです。

 今回も段差解消機についての投稿になります。

段差解消期を設置するにあたってわたしが最も注意する点についてお伝え使用と思います。

 物凄く当たり前の事過ぎて、お叱りを受けそうですが敢えて言います。

「その段差解消機が使えるかどうか?」です。

もう一度、「その段差解消機が使えるかどうか?」です。

 前回の投稿では設置場所の問題で、段差解消機のテーブルから乗り込
んで来る道路まで約20cmの高さが有りました。この高さを解消するために、オーダーメイドのスロープを製作した訳です。

 しかしこれは介助者が付き添って、車椅子を押してくれる環境があることが前提です。それもかなりしっかりとした体力を持った方という条件が付きます。このようなケースでは自走では使用する事は出来ません。

 どうしてもご自身一人で使いたい場合には、改修工事をして段差解消機のテーブルと乗り込む部分の段差を限りなく少なくする方法になります。この場合段差解消機のテーブルのベース部分を埋め込む形になります。人によってはこの埋め込む方法がどうしても受け入れられない方もいるのです。

 そこでまたまたオーダーメイドパーツの出番となります。この場合埋め込まなくても大丈夫なスペースというか距離が確保できるという条件がありますが。

 このように書いてくると、段差解消機の設置というのは設置する場所との条件をいかに合わせるか?ということに尽きるようです。いつもパズルの組み合わせを考えているような気分になります。
 しかし、この組み合わせは単に平面的なものだけでは有りません。高さ方向やユーザー以外の方の導線、更には使う方の体力や介助者の方の体力、機器のメンテナンス性(設置後メンテナンスし易い設置方法。)などなどあらゆる状況を考慮したものになります。

K邸 003.jpg

 こちらの場合ご自身お一人での乗り込みを希望されていました。幸い奥行き方向のスペースが比較的自由だったので、このようなオーダーメイドのスロープを製作して対応する事が出来ました。

 次回も設置例を見ていただこうと思っています。それではまた。

段差解消機

あなたの代わりに働く機器たち

 段差解消機の面倒を時々見ているしゅうです。

 突然ですが、あなたは階段昇降機や段差解消機が機器を設置してからどれぐらいの期間使用されると思いますか?

 設置している場所にもよりますが、大体3年から5年ぐらいが多いようです。これは個人のお宅に関してですが、ご高齢の方のために設置した場合このようなケースが多いのです。

 場合によっては設置して直ぐに使う予定だった方が入院したり、病状が悪化して使えなくなったりするケースも少なからずあるのは事実です。


 先日1年ぶりに段差解消機の点検に伺った時の事です。そのお宅はご主人様が使っていたのですが、作業後話をしているともう半年以上前に亡くなられたと言う事でした。半年から1年に一度ぐらいしか伺わないので、全く知らなかったのです。大変献身的にご主人のために看病や介護をされていたので、掛ける言葉も見当たらず思わず沈黙してしまいました。

 するとその方の方から、「このリフトには本当に助けて貰っているのよ。母が一緒に住む事になったので、今度は母が使っているわ。」と言って下さいました。

 ご自身も玄関までの階段が結構大変でこのリフトを使っていたようなのですが、現在はもっぱらお母さんが使っているようです。だから引き続きメンテナンスをお願いしたいとの事でした。

 階段昇降機や段差解消機は今後益々必要になるケースが多くなると思います。何故なら以前にもお伝えしましたが、今回のようにお年寄り同士のお宅が増える事が明らかだからです。それ故提供して行く私達の責任も増してきています。特に販売してそれで終わりと言う事は避けなければなりません。

 確かに年間数万円、月々にすれば数千円でもこのご時勢ですから節約したいお気持ちも分かります。しかし、ユーザーの方々の生活の一部になっているこの機器たちの位置づけを考えると、我々メーカーそして販売者の方々もメンテナンスの重要性をお伝えし続ける事がとても大事だと思います。

 擬人化するのは変ですが、機器たちも役に立てて喜んでいると思うのです。それではまた。

段差解消機

段差解消機の季節です!!のんびり行こう?

 階段昇降機と段差解消機オタクのしゅうです!

 えーと大変ご無沙汰しております。今週も既に1200km程走行している日々が続いています。

 今日は奇跡的に休みとなりました。そして今本当に久しぶりに書いています。

 もう忘れられているかも知れませんね(笑)。

 気を取り直して行きたいと思います。

 かなり暖かくなって来ましたね。この時期寒くて外出出来なかった方が、そろそろ外出したいとの事で段差解消機を使い始める季節でもあります。少し忙しくなって来るんです。

 わたしが営業しているのは基本的に関東の上の方なのですが、最近事情があって東京に出てくる事があります。

 そこで幾つか気が付いたことがあります。

 実は東京23区や神奈川の横浜・川碕エリアとそれ以外の関東エリアでは、違っていることが2つあります。何だか想像してみてください。結構はっきりとした違いです。

 3分ほど考えてみて下さい。

 どうでしょうか?

 それでは行きます。

その1.都心エリアでは、工事の時間を指定してくることが大変多い。
 基本的に都心エリアの方は、忙しいのでしょうか?比較的工事の日程や特に時間帯を指定してくる方が多いです。それ以外の関東エリアは、こちらの工事時間に合わせてくれる傾向があります。

その2.都心エリア以外では、工事が終わると上がってお茶を勧められます。或いは前もって準備していた飲み物・お菓子セットを個別に袋に入れて手渡してくれます。都心エリアに関しては全くありません。これはわたしのお客様への対応に問題があるのかもしれません(冷汗)。

 まあでもこれだけで都心エリアとそれ以外の、ライフスタイルの微妙な違いが感じ取れると思うのです。もしかすると同じ世界に生活しているのですが、時間の感覚がかなり大きく違っているのかも知れないですね。

 あなたもこんな事を意識して見てみるのも、何か発見があるかもしれませんよ。それでは近い内にまた。

段差解消機

段差解消機を有効に使おう その3

 階段昇降機段差解消機を全ての人に紹介したいしゅうです!

 さて連続テーマ「段差解消機の有効な活用」ですが、最近気が付いた設置の事例を今回は紹介したいと思います。

 実は2年以上前に展示会で一緒になった、介護用リフトメーカーの営業担当者から最初に聞いた話でした。

 
 その方の担当エリアはモロに東京のど真ん中なので、設置スペースが非常に制限される現場が多いと言っていました。

 特に玄関から家の中に入るのに玄関からすぐに階段があって、その先がすぐに道路なんて言うパターンが多いそうです。


 階段が数段しかなくて階段昇降機を付ける訳にもいかない。そもそもレールが道路にはみ出てしまい、どうしようもない。そこで・・・。続きを読む

段差解消機

段差解消機の必要性とは? その2

 階段昇降機と段差解消機のアドヴァイザーしゅうです!


 前回に引き続き段差解消機の必要性について、少しお伝え

したいと思います。


 現在段差解消機は介護保険の機器レンタルの対象になって

います。つまり月々レンタル料金の一割の負担で、段差解消機

がレンタル出来るのです。

多い時には私一人でもつきに5,6台の新規のレンタルがあります。


 しかし、レンタルはまた色々な事が起こります。続きを読む

段差解消機

段差解消リフトの必要性とは?

 階段昇降機段差解消機のアドヴァイザーしゅうです!

 実は昨日ある学校の施設に段差解消機を設置しました。

 建設会社さんを窓口に設置したのですが、その現場の

担当の方がこんな事を言っていました。

 「この機械を設置しても、たぶん使う事は無いんだよね。」


 段差解消機を設置し終わってからこの一言を聞いた私は、

複雑な気持ちになりました。

 その理由はこんな事です。続きを読む

段差解消機

段差解消機の有効な活用法 その5

 福祉機器リフト屋さんのしゅうです。

 段差解消機を有効に使うための4番目の要素「介助者の状況」です。

 これがもしかすると最も重要かも知れません。

 何故ならほとんどの場合、ご利用者本人が自分一人で
操作して使う事は少ないからです。

 特に段差解消機レンタルの場合要介護度3以上の
ケースが多く、介助者がいないと実際に使えないからです。

DSCN7404.JPG
 続きを読む

段差解消機

段差解消機の有効な活用法 その4

 福祉機器リフト屋さんのしゅうです。

 段差解消機の有効な活用法の要素の3番目です。

 とても重要な要素「使用者の状態」。

 実はわたしがご利用者本人と、段差解消機の設置前に会える
ことはほとんどありません。

 通常最も多いケースが、「何日に退院あるいは退所して
来るのでその前に段差解消機の設置を完了して欲しい。」
というものです。

 つまり利用者本人の状態については、ご家族やケア
マネージャーからお聞きするしかありません。
続きを読む

段差解消機

段差解消機の有効な活用法 その3

 福祉機器リフト屋さんのしゅうです!

 段差解消機の有効な活用法についてお伝えしてます。

 2番目は段差解消機の性能と設置の方法です。

 1番目の設置条件も関係してきますが、限られた設置
条件の中で段差解消機の性能を考慮して最も使い易い設置
方法を模索します。

 例えば下の画像です。

DSCN7330.JPG続きを読む

段差解消機

段差解消機の有効な活用法 その2

 福祉機器リフト屋さんのしゅうです!

 段差解消機の有効な活用法についてお伝えしてます。


 段差解消機を有効に活用するためには、4つの要素
があることを前回お伝えしました。

 一番目は、設置条件です。

 私が設置に際していつも考えているのは、
「極力現在の状態のまま設置する事。」です。

 つまり余計な費用や手間掛けず、環境を大きく変化
させない事を心がけています。何故か?
DSCN6931.JPG続きを読む

段差解消機

段差解消機の役目とは? その2

 福祉機器リフト屋さんのしゅうです!

 段差解消機の役割についてお伝えしています。

 第一回では、利用者が気兼ね無くサービスを利用する
助けになるというポジションでした。

 今回は?

 あなたがもし歳を取って、奥さんかご主人と2人きり
で生活しているとします。

 例えば奥さんが車椅子を使うようになりました。
玄関や縁側には30cmから50cm以上の段差かあって、
自分ひとりではどうにもなりません。
DSCN7513.JPG

 でも、天気さえ良ければ毎日でも奥さんを散歩に連れて
行きたいのです。
続きを読む

段差解消機

段差解消機の有効な活用法 

 福祉機器リフト屋さんのしゅうです。

 今日は段差解消機の活用法について設置事例を見て
いただいて、あなたにお伝えします。

 段差解消機を有効に使うためには、幾つかの要素が
関係してきます。
DSCN7403.JPG
 続きを読む

段差解消機

段差解消機の役目とは?

 福祉機器リフト屋さんのしゅうです!

 福祉機器の中でも特に需要の高い、段差解消機
ついてお伝えしようと思います。

 ご存知の通り日本の家屋は、玄関に必ず段差があり
ますよね。まあ、これだけ湿気の多い国ですから上がっ
て来る湿気も相当なものです。

 また、昔ですとちょっと大きな台風が来ると
すぐに床上浸水していました。諸所の事情や気候風土
の関係で、床の高さは30cmから高いお家で50cm
ぐらいあるのが普通ですね。

 さて、下の画像を御覧下さい。
DSCN7152.JPG
続きを読む

段差解消機

階段昇降機は誰のもの?

 福祉機器リフト屋さんのしゅうです!!

 階段昇降機をはじめ福祉機器がやっと認知
されてきました。7,8年前までは知らない
人も結構いましたが、現在ではほとんどの人
が知っていますね。

 ところでこれから見ていただく写真が一体
何だかあなたはわかりますか?
DSCN7324.JPG

 このままだとたぶん全く判らないと思うので、
一つだけヒントをあげます。
 
 ヒント、階段昇降機です!!続きを読む

段差解消機

段差解消機を有効に使うには? その2

福祉機器リフト屋さんのしゅうです!!

 今回も段差解消機を有効に使うには、どうしたら
良いかに焦点をあてます。

 段差解消機にはカスタマイズが欠かせない。」事をお伝えしましたが、本当に重要な事なんです!!
DSCN6931.JPG 続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。