福祉機器・リフト@情報館
福祉機器・リフト@情報館
                                 こちらもおすすめ!階段昇降機お役立ち情報ブログ

福祉介護関連

福祉機器の未来について その3

 段差解消機や階段昇降機など、私が係わっている福祉機器の

未来についての続きです。


 新しい年を迎えて、自分なりに考えていた事をもう一度じっくり

考えてみました。


 うーん、考えれば考えるほど悲観的になってくる?のは私だけか?


 前回「福祉機器の未来を考える その2」では、地域のコミュニティ

の大切さを提案しましたが、その明確な方法をイメージする事が正直

難しいです。


 実際のところかつての長屋のような、近所付き合いは無理な話だし

それを求める人もいないのだと思います。


 理想を言えば、お互いあまりべたべたした付き合いではなくて、

サラッとしているけれどいざと言う時にはお互いが助け合う・・・。


 そんな関係が築ければいいかなと思っています。


 わたしは団地に住んでいるので、ある意味これに近いところが

あります。一つのまとまった小さな村的な雰囲気もあって、ちょっと

近すぎて煩わしい事もありますが安心出来ることも多いのです。


 実際に高齢化も進んできて、250近い世帯の80%以上が高齢者

世帯となっています。

 実はこの自分が住んでいる中から、モデルケースが出来るんじゃないか?

とも思いながら自治会の運営なども今後どうして行くのか、行きたいのか、

行くべきなのか?と自問自答しているここ何年かです。


 福祉機器を利用する事は今後あらゆる場面で必要になってきますし、

求められるものです。しかし、一番大切なのはそれをどのように使って

活かして行くかと言うことだと思います。


 将来コンパクトで持ち運び自由なそれでいて安全も確保された機器が

出来てくると思います。それこそ、町内や丁目単位でそれらの機器が配備

されて、必要な人がボランティアや担当を決めて使うようになるかもしれ

ません。最も現実的で効果があるとわたしは考えています。


 そんな使い方が出来る、夢のような機器の開発を目指す自分でいたいと

思いながら新しい年を迎えました。

 あなたはどう思っているでしょうか?それでは。

福祉介護関連

福祉機器の未来について その3 何を目指すのか?

 福祉機器の未来についての続きです。


 ここ何日間かこのテーマについて考えていたのですが、
私の見通しが甘い事に気が付きました。


 介護保険の負担割合についてです。3割ぐらいにには
なるのでは?と前回書きましたが、ある人と話していて
5割ぐらいにはなってしまうのでは?という反応が返っ
てきました。


 うーんこれは大変な事になってきました。


 しかし、これはあくまでお金の話です。



 今日体験した出来事は、介護保険がどうのこうのとい
う話し以前の世界です。


 実は先日も同じような経験をしました。


 一体どのような事かと言いますと、


一つは「理解」というキーワードです。


 何らかの病気で体が不自由になってしまった方が、
病院や施設からご自宅に戻ってくるための環境を整
えるお手伝いを私はしています。


 そのための機器が段差解消機などの福祉機器です。

 当然設置するためにはそのための下準備や打ち合
わせを行なうのですが、ここで問題になるのが周囲
との関係性です。


 例えば大幅なご自宅の改修を伴う場合、工事自体
何日も掛かる場合が有ります。また、音や車の出入
りなど気になったり煩わしく思う方も当然いると思
います。


 その場合工事に入るときには注意をして、内容を
説明させて貰い理解して頂けるようお願いをします。


 しかし、どう説明しても分かってもらえない方が
最近増えているのです。


 今日の方は、「この器械を設置するのは私は反対す
る。」の一点張りでした。???


 理由は分かりません。元々あまり関係性が良くな
かったのか、それとも工事をしている人に対してそ
うなのか?それは定かで有りません。


 しかし、自分がこの仕事をしていなかったとして
も余程とんでもない事をしない限り、出来る限り協
力して我慢できる事は我慢してあげると思うのです。


 何故なら、そのような状況に何時自分や家族が追
い込まれるか誰も分からないからです。


 そして、未来を見据えた時に家族以外の住んでい
る周りのご近所の協力は大変心強いし、安心出来る
と思うのです。

 現実として私が今そのような事を、御近所に出来
ているとは言えませんが、そのような気持ちでいた
いと思っています。


 それ無しには迫り来る超高齢化社会は、乗り越え
られないし次の展開も見えてこないと思うのです。


 わたしも少しでも「理解」して頂けるような仕事
を、提供していきたいと思いながら活動しています。


 月並みな言い方になってしまいますが、年齢を問
わず周りへの思いやりや優しさが失われつつあるの
かな?

そう思いつつ自分はそんな事を無意識にしていない
か?と考えさせられる体験でした。



 




福祉介護関連

福祉機器の未来について その2

 福祉機器の未来について、私なりの予想をしてみました。

その前に福祉機器以外の介護保険サービスの利用状況は一体
どうなって行くのか?

 高齢者人口が数年以内に全体の3割を超えて、あっと言う
間に半分近くになっていった場合どうなるか?

 当然半分近くの世帯が何らかのサービスや給付を受ける状態
になっているという事は誰にでも想像出来ます。

 しかし、その頃になると今のように負担額が1割のままで
据え置かれていると思いますか?

 現在の大赤字の国の状況から判断すると、それは非常に考え
にくいですよね。

 少なくとも3割近い負担を強いられる事になっていると予想
せざるを得ません。


 その時に何が必要になってくるのか?

 それは以前から私が提案している事なのですが、国や大きな
単位での行政に頼らない小さなしかし価値のあるそして有機的な
繋がりのあるネットワークの力です。

 これこそが未来の日本というかこのコミュニティの将来を形作
るカギになると、私は考えています。

 あなたもどのような事なのか想像してみてください。

これは介護に限った事ではないと思うのです。

 次回幾つかの事をあなたと検討してみて行きたいと思います。
それではまた。

福祉介護関連

福祉機器の未来について

 福祉機器の未来についてお伝えしたいと思います。

ここのところ全く記事を追加・更新しておりませんでした。

 理由は特に有りませんが、お伝えしたい事を言い切った?
感が自分の中であったからかも知れません。


 実は以前にも階段昇降機や段差解消機の未来について、
お伝えした事が有りましたが少し補足したい気持ちがあり
投稿をしたいと考えました。


 現在わたしは当たり前の事ですが、日本という国に住ん
でいます。と言う事は日本の法律やその他の決まり事の中
で生活する事になります。

 何故こんな事を書くのかというと、漠然とした不安を
近頃覚えるからなのです。

 世の中の状況は以前に増して変化が速くなっていて、
昨日まで当たり前だった事が半年もすると全く変わって
いたりします。

 保健や福祉などについても、同じ事が言えます。段差
解消機のレンタルを取り巻く環境も、年々変わっている
のが実態です。


 そしてこのレンタルの制度を利用する方たちは、徐々
にでは有りますが確実に増えていっています。これから
戦後最大のベビーブーム世代であった団塊の世代の方々
が、高齢者になる事でこの傾向は更に加速するのは確実
です。

 更に核家族化した今日の社会では、高齢者だけの世帯
が普通になっている事を考えると特に自宅での介護には
福祉機器はなくてはならないものになると考えられます。


 それと相反するように福祉の予算は削られ続け、負担
は徐々に増加する傾向にあります。

 また、人口が減少している事も不安要素ではあります。 
わたしたちも含めた後の世代が、自分たちよりも多くの
高齢者の方たちが安心して暮らせるような仕組み作りに、
今すぐ真剣に取り組む時なのだと思います。

 日々現場に立ちながら、そんな事を常々考えさせられ
ます。

 では一体何が出来るのか?については次回から何回か
に渡って、お伝えできればと思います。それでは。

福祉介護関連

福祉介護関連事業について思う事 その3

 福祉機器リフト屋さんのしゅうです。

 今回で3回連続になりますが、福祉介護関連事業の
今後の展望を自分なりに考えてます。

 前回もっともっと地域に密着した組織が、サービスを
提供できる仕組みを作った方がいいと思う。ここで終わってましたね。

 じゃあもっと具体的に何をどうすればいいの?続きを読む

福祉介護関連

福祉介護関連事業について思う事 その2

 福祉機器リフト屋さんのしゅうです!

 前回のテーマを引き継いでいるのですが、
ちょっと重過ぎる(汗)テーマだったかな?
それでも書きます!

 福祉・介護関連事業について今後どうあるべきか?

 あなたに考えてもらいました。
本来サービスを受けるべき人が、サービスを
受けられなくなって行きつつある現状。

 一体どうやって食い止め、サービスを提供
する人を育てるのか?

続きを読む

福祉介護関連

福祉介護関連事業について思う事 その1

 福祉機器リフト屋さんのしゅうです!

 今日はちょっとした感想を聞いて下さい。


 最近福祉・介護関連の会社が大きく事業の
再構築をおこなっています。そして、新年度
から新しく体制を整えて、再スタート。

 何故でしょうか?

 事業であるからには、利益が出ないと
どうしようもないんですね。ところが、
現在の状況では利益が出ない。その結果リストラすると。


 当然のごとく、人員は削減されきめ細かな
サービスは出来ません。つまり、結果サービスの
質が低下するのでは?

 ところが実際にはサービスの質を下げる事は
出来ないのです。実際、サービスの質を下げる事
など出来ない仕事なのです。ではどうするか?

 予想としては、エリアを限定してサービスを
提供せざるを得ないと思います。

 貴方はこの状況を、どのように解決して行けば
良いと思いますか?

 一日一緒に考えましょう。それではまた。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。